コンクリートポンプ車の用途と種類について

subpage1

特殊架装トラックのコンクリートポンプ車は、建設現場等でコンクリートを圧送するのに使われている建設機械です。

コンクリート作業車ともいいます。
コンクリートミキサー車で輸送された液状のコンクリートを、型枠までトラックへ架装されているブームとポンプで輸送する用途により使用されています。
主な用途や目的は、固まる前のコンクリートは液状と言ってもたいへん重く、人の手で運ぶには苦労が多いですし最悪、重大事故にも繋がる恐れがあります。

教えて!gooの情報を求める人におすすめです。

この様な問題を解決する為に建設現場でコンクリートポンプ車は活用されており、ミキサー車の後ろからポンプ車へ搭載されているポンプへ液状のコンクリートが吸い込まれ目的の場所へ押し出す事で運搬が完了となります。



コンクリートポンプ車のタイプは2種類あり、違いはブームがあるかないかです。

あなたに合った定置式ポンプのお役立ち情報はこちらのサイトです。

ブームがある方のブーム車は、配送管が付いている折り畳み式のブームを荷台に搭載してるタイプです。


ブームの高さは2トンは約11m、25トンだと最大で約36mあり、4段の折り畳み式ブームが主でこのブームがあるおかげで高い所等の難しい場所へコンクリートを運搬する事が容易となりました。

ブーム車には車体が倒れない様にする為に、アウトリガーが付いており作業時には広いスペースが必要です。

ブームがない方の配管車は、ポンプから直接配管を設置し、液状のコンクリートをポンプで圧送するタイプです。
アウトリガーはないので広い作業スペースは必要なく、高さ制限のある場所や鉄筋基礎、超高層建築物等の現場で使われています。

知識を増やす

subpage2

コンクリートポンプ車は建設現場でコンクリートを圧送する際に使われる建設機械で、コンクリート作業車とも呼ばれてます。コンクリートポンプ車には「ブーム車」と「配管車」があります。...

more

知りたい情報!

subpage3

コンクリートポンプ車は建築現場でコンクリート圧送に使用される建設機械で、コンクリート作業車とも呼ばれます。この車両は主にコンクリートミキサー車が運んでくる生コンクリート(フレッシュコンクリート)をパイプやホースを通じて打設場所へ圧送する装置を持っていることが特徴です。...

more

ためになるビジネス

subpage4

工事現場では大量の材料が必要になるものです。特にコンクリートは非常に重要な材料ですが、これをミキサー車で運搬しても、現地で乾燥しないように保管したり、迅速に使用する事は難しいものです。...

more

情報分析

subpage5

最近は副業をもつという人は珍しくはありませんが、そのような副業を持つ人に人気なのがディストリビューターという仕事です。これは日本語で言うと販売員というものです。...

more